2004.02.27 愛知県名古屋市の自転車店・フォーティーファイブ バイシクルのサイトです。[SP040227]
ただいま改装中です
ただいま改装中です
MTB用サスペンションフォークのスタンダード、ロックショックスは長い期間(株)ヨシガイが日本の輸入代理店としてサービスを展開してきましたが、ロックショックス社がスラム社に買収されたのをきっかけに日本国内での取扱いは(株)ジャイアントが窓口になりました。今回は代理店が変更になってから最初の業者向けテクニカルトレーニングに参加してきました。
今回のテクニカルトレーニングは全国のロックショックス取扱店向けに、フォーク各部の名称の解説(ロックショックス社での呼び方など)から始まって実際に分解・組立をしながらメンテナンスのポイント等を説明するという感じで進められました。フォークのタイプ別に正味3時間半ほどの内容でしたが非常に勉強になりました。(余談ですが、SIDは今後「シド」と呼ぶことがスラム・ロックショックス社内で決まったそうです。)
ジャイアントがロックショックスの日本総代理店になるのと同時にテクニカルアドバイザーとして入社した山路氏。以前は半導体や自転車関連の工具メーカー・ホーザン(株)で働く傍ら国内MTBチームのレースメカニックとして活躍していましたが、その経験や知識を生かしてよりユーザーやディーラーの立場に立った、きめの細かいサービス体制を整えました。
実演タイム。マニュアル通りにこなすだけでなく、実際に分解した人でないと思いつかないような小技も絡めて説明してくれました。またメカニックとして培われた手際のよさがイイ感じです。2004年モデル以前のフォークについても部品の互換性などもしっかりと理解してみえる様子ですごく頼りになります。ROCKSHOX本社スタッフより製品に詳しいかも(笑)。
ロックショックスの講習に引き続いて、やはり2004年度からジャイアントが国内代理店になったHAYES・DISCブレーキのテクニカルトレーニングが行われました。以前よりHAYES日本代理店のミズタニ自転車(株)も継続して販売して行くようです。
2004年度商品の概要について、PowerPointの機能を生かした効果音付きの楽しい説明がありました。写真はHAYES担当の斉藤さん。
オイル交換の実演。GIANTだけにNRSをサンプル車種に説明が進められました。
「代理店が代わってからサポートが良くなったと言われるように、しっかりとした体制を整えて行く」といった感じで担当者の力の入り具合が感じられる良い講習会でした。
メーカーリンク :
本国・英語版   http://www.rockshox.com/
日本語版   http://www.rockshox.jp/
[2004.02.27]