2004.09.24 愛知県名古屋市の自転車店・フォーティーファイブ バイシクルのサイトです。[SP040924]
ただいま改装中です
ただいま改装中です
イタリアのプレミアムブランド・ピナレロの2005年モデルを中心に取り扱うカワシマサイクルサプライの業者向け新製品発表会に行ってきました。その内容を一部ご紹介いたします。各モデルともご予約受付中です。ご予約特典等の詳細はご来店時にお問い合わせください。
マグネシウム合金製フレームを採用したPINARELLOのフラグシップモデル・DOGMAに、より実戦的なモデル「DOGMA FP」が追加されました。DOGMAとの主な違いは大口径BBシェル「M.O.s.t FP」と、「ONDA FP」フォークが新たに採用されている点です。

「M.O.s.t FP」BBシステムは、従来型のBBシェルを二回りほど大径化してダウンチューブとの接合面積を増やし、踏み込んだ時の剛性感をアップするというアイデアです。専用のベアリングとISIS規格のBBシャフトが付属しますが、一般的なBBも使用できるようにサイズ変換アダプタも付属しています。また、「ONDA FP」フォークシステムはコーナーリング時の安定性及び剛性感のアップを狙い、ヘッドチューブ下側のベアリングサイズを大径化したものです。ファッサボルトロチームの天才スプリンター、アレッサンドロ・ペタッキのような超一流選手からの要求に答えたプロスペックモデルと言えると思います。ジオメトリーも若干、現行のDOGMAとは異なっています(新型BBの影響でしょうか)。

気になる価格はフレーム/フォークSET(BB・ヘッドセット・シートポスト付属)で \567,000-(税込)。

名車「PARIS」が全く新しくなって復活しました。ピナレロオリジナルの7003-T6アルミチューブをハイドロフォーム加工したトップチューブ/ダウンチューブが外観上一番の特徴で、DOGMA FPと同じ「M.O.s.t FP」BBシステムが採用されています(フォークは従来型ONDAカーボンフォーク)。フレーム/フォークSETの定価は \399,000-。
メーカーから配布された資料によると「軽量でリジッド感が高くユニークな外観で、頑強な安定した性能のレースバイクになっています。」とのことです。
2004年モデルからカーボンパックになったGALILEO。フレーム/フォークSET(\199,500-税込)も人気ですが、カンパニョーロ・VELOCE 10sで組まれた完成車(\288,750-)はPINARELLO入門車として当店イチオシです。
オペラブランドのエントリーモデル完成車・チェリーニ(\199,500-税込)です。ピナレロブランドのアングリル完成車(\181,650-税込)がカンパニョーロ・XENONで組まれているのに対してチェリーニはMIRAGEで組んであります。
予告通り出てきましたカンパニョーロのコンパクトクランク。ケンタウル、コーラス、レコードにラインアップされ(写真はレコード)、各グレード共コンパクトドライブの歯数差に対応したフロントディレーラーもちゃんと用意されています。価格未定。
カンパニョーロジャパン設立説明会で発表されていたフラットバーロード向けレバーセットです。MIRAGE、VELOCE、CENTAUR、CHORUSの各グレードに用意されます(画像はコーラス。カーボンレバーになっています)。こちらも専用のフロントディレーラーが用意され、結果2005年のケンタウルにはノーマル、トリプル用、コンパクトドライブ用、フラットバー向けレバー用、フラットバー向けレバートリプル用と合計5種類のフロントディレーラーが存在します。しかもケンタウルはカラーがそれぞれグレーとシルバーの2色あり、バンド式/直付け式・バンドの径などを考えると、ケンタウルだけで2005年はフロントディレーラーが30種類あることになります。
フィジーク製品も展示されていました。写真は大人気のアリオネ・カーボンです。重量はカタログ値で199gと20%近く軽くなりました。手に持ってみても明らかに軽いです。しかし価格は予価3万数千円と、かなりのお値段になりそうです。
上記写真でご紹介した以外の商品につきましても、カタログ等がございますのでよろしければご来店ください。2005年モデルのご予約・ご注文お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
メーカーリンク :
PINARELLO(本国版)   http://www.pinarello.com/
CAMPAGNOLO(本国版)   http://www.campagnolo.com/
FI'ZI:K(本国版)   http://www.fizik.it/
輸入代理店カワシマサイクルサプライ ホームページ(日本語)   http://www.riogrande.co.jp/
[2004.09.24]